新・ワイド最強!小数点的中ブログ!

皐月賞のドゥラメンテに衝撃が走り、競馬の魅力に引き付けられました!ここでは、そんな趣味の競馬のことを記事にし、私なりに工夫をした考察、買い方を書いていきたいと思います!よろしくお願いいたします(^-^)

【大穴くるか!?】神戸新聞杯(G2) 予想

こんにちは!


f:id:italyan:20190922005204j:plain

明日、日曜日に行われる重賞の予想を書いていきたいと思います。

阪神競馬場では菊花賞トライアル、神戸新聞杯(G2)。
中山競馬場では天皇賞(秋)のトライアル、オールカマー(G2)が行われますね。


今回は2つにわけて書いていきます!


まずは、阪神神戸新聞杯から。




阪神11R 神戸新聞杯(G2)


◎5.ヴェロックス

重賞未勝利ですがダービー3着、そして、皐月賞でのサートゥルナーリアと差のない2着は当然高評価。
そして、前哨戦にめっぽう強い中内田厩舎に加え先週のダノンファンタジーと同じコンビの川田騎手。
極めつけが長年のデータで、ダービー最先着馬は必ず馬券に絡むという決定的データがあります。これらを踏まえてこの馬を本命にいたします。
逆らうのはまず危険と判断しました。


○3.サートゥルナーリア

このレースでこのメンバーを考えると、もはや2強
なのではないでしょうか?
実力は申し分ないのはもちろんのこと、このメンバーでは下手な競馬はできないですね。
この馬が持つ「狂気の血」が発動しなければ馬券内は堅いとみて対抗にいたしました。
ダービーと比べ人の数や歓声も少ないので暴走に関しては大丈夫かな。と思っています。


▲4.レッドジェニアル

やはり、京都新聞杯でのちのロジャーバローズを倒したのは評価はすべきで、このメンバーでは数少ない重賞勝ちの経験ありで、このオッズなら穴馬として狙ってみたいです。


△8.ワールドプレミア

レッドジェニアルとどっちを穴馬にしようか迷いましたが、以外と人気していますね。
やはり、このレースと相性のいいディープインパクト産駒。
加速力に時間がかかるタイプですが、今回は長い直線なので欠点をカバーしてくれるのも心強いです。
トップスピードに到達した時、馬券内の可能性もありそう。

△2.ユニコーンライオン

春のトライアルレースでは、まったく通用しなかったが夏の北海道に滞在期間、レースや調教などで気耐え抜かれた馬体は当時の540キロ台から510キロ台へ大幅減量され、そこにしっかりと筋肉もつき陣営の期待度も相当みたいですね。
距離適正も問題なく、まだ本気を出していないこの馬のポテンシャルに期待して数少ない大穴に選びました。


買い目

馬連

5-3


【3連複】

5+3→2.4.8


今回は上位2頭が強すぎるのでこちらの買い目でいきます。


皆さまもあたりますように!